凝固させたり沸騰させるとパーテーションレンタルしたように。

バスクは風景や環境がとくに人気ですが、美食の街でもあります。
実はというか「食はバスクにあり」と言われるほどで、
トラットリア的な郷土料理がとくに注目されています。
私がお気に入りでプッシュしたいのは、「凝乳」というデザート。
ヨーグルトだけどチーズよりみたいな独特なもの。
牛乳って、凝固させたり沸騰させるとパーテーションレンタルしたように、
簡単に成分で乖離しますけど、ちなみにこの「凝乳」は英語でカードと呼ばれているそうです。
牛乳の膜のことなのでしょうか。
すみません理由はわかりません。
あと10回位食べればわかりますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です